スケルトンオートマティ

ヴァシュロン・コンスタンタンの自動巻スケルトンウォッチは、自動巻ムーブメントの真髄を披露するため、時計の基本的な姿にセッティングしていく機械部品 を抑えることで成り立つ高精度の技法を形にしたものです。ローターをオープンワークにする作業は、極めて高度な処理と絶対の精度を必要とするタスクであ り、その構成部品は一定の記録密度を維持しなければならないことから、自動巻スケルトンウォッチを作る工程の中でも最も精巧さが求められる部分となってい ます。オープンワーク、装飾、ねじ切り、面取り、彫刻、溝掘りといった作業については、これらの自動巻スケルトンウォッチを製造するマニュファクチュール に勤務する芸術的な技能を備えた職人たちが数週間にわたって装飾的な作業を行います。